刑事事件が得意な弁護士事務所|ネクスパート法律事務所

刑事事件に強い弁護士を選ぶ3つのポイント

刑事事件が得意な弁護士であること

刑事事件を得意とする弁護士に依頼することが大事です。ひとことで弁護士と言えど、離婚、相続、労働問題など様々です。そのため「この弁護士が良い」と紹介されても、刑事事件に実績のない弁護士であれば考え直しましょう。

被疑者との相性が良い弁護士であること

弁護士も人ですから、被疑者と弁護士の相性も大事です。ネットや人づてでは判断しづらいので、「この弁護士に依頼する」と決める前に、直接話してから判断されるのが良いでしょう。

スピード感のある弁護士

刑事事件における弁護活動はスピードが第一です。良い弁護士と言えど、予定が調整できないようでしたら、すぐに別の弁護士に切り替えることも要検討です。スピード感の有無も良い弁護士の選び方のポイントです。

【24時間電話相談可能】刑事事件に強い弁護士を探す

選び方 イメージ刑事事件を弁護士に相談

【刑事事件】失敗しない弁護士の選び方と依頼前のチェックポイント

あなた自身や身近な方が刑事事件を起こしてしまった時、弁護士に相談・依頼することで今の状況を好転させる方法を見出すことができます。 弁護士といってもそれぞれ実力が違いますので、弁護士の選び方次第で得られる結果も変わってくる…

痴漢 逮捕 アイキャッチ痴漢・わいせつに強い弁護士

痴漢で逮捕された時の弁護士の必要性と弁護士選びのポイント

痴漢は身近に起こりやすい犯罪の1つで、さらには冤罪も多くなっています。 実際に痴漢をしたにせよ、無実にせよ、痴漢で逮捕されてしまったのであれば弁護士に助けを求めることがとても大事になります。 今回は、痴漢で逮捕されてしま…

24時間 イメージ24時間電話相談

刑事事件では弁護士への相談も迅速に!24時間対応の弁護士事務所まとめ

身近な方が刑事事件で逮捕されてしまったり、犯罪の疑いで捜査を受けている場合、すぐにでも弁護士に相談して適切なアドバイスを受けることを強くおすすめします。 刑事事件はスピードが命ですから、「ちょっと様子見…」なんかしている…

手のシルエット痴漢・わいせつで逮捕されたら

強制わいせつ罪とは?強制わいせつに該当する例や罪の重さと逮捕後の流れ

強制わいせつとは、暴行や脅迫などを用いてわいせつな行為をすることです。さらに刑法では、13歳未満に対するわいせつ行為もたとえ同意があったとしても強制わいせつ罪として罪になります。 今回は主に、強制わいせつを疑われている方…

電車 イメージ痴漢・わいせつで逮捕されたら

夫が痴漢で逮捕されるとどうなる?逮捕後の流れと対処法

夫が痴漢で逮捕されてしまったという方は、夫が今後どうなっていき、どのような対応を取れば良いのかが心配になってしまいますよね。 逮捕された後の身柄拘束も当然ですが、夫は働いているので会社での処遇がどうなるか不安という方も多…

刑事事件における弁護士は3種類

刑事事件で逮捕された場合、被疑者は『私選弁護人』『当番弁護士』『国選弁護人』の 3種類の弁護士を選ぶことになります。

私選弁護人

依頼者自身が呼べる弁護士。示談交渉・接見・不起訴など、被疑者のを望む判断が下されるまで弁護活動を行う。
  1. メリット:依頼者の希望に添ってくれる
  2. デメリット:弁護士費用が発生

当番弁護士

逮捕後に1度だけ無料で呼ぶことが可能。
  1. メリット:逮捕後に無料ですぐ呼べる
  2. デメリット:1度の接見しか出来ずアドバイス程度

国選弁護人

済的的余裕が無い方へ、国が弁護士費用を負担して弁護士を呼べる。
  1. メリット:弁護士費用がかからない
  2. デメリット:経済的余裕がなく、弁護士を選べない

刑事事件において弁護士は被疑者の唯一の味方

逮捕され、拘留されると、警察や検察からの厳しい追及がなされます。このとき取調室には被疑者がたった一人。毎日精神的に追い込まれるような状況に立たされるケースも少なくありません。つまり、逮捕された被疑者は、弁護士をつけない場合はほとんどのケースで孤独な戦いを強いられます。

緊張状態のなか連日の追及につい『自分がやったかも』と口にしてしまったり、やってもいない余罪の存在を匂わせると罪もどんどん重くなる可能性が高くなってしまいます。そんな状況のなかで唯一、被疑者の味方になれるのが弁護士なのです。

  1. 刑事事件に強い弁護士の選び方
  2. 刑事事件に強い弁護士はどう選ぶ?
  3. 刑事事件を解決を弁護士に無料相談する4つの方法