MENU

刑事事件において弁護士は被疑者の唯一の味方

逮捕され、拘留されると、警察や検察からの厳しい追及がなされます。このとき取調室には被疑者がたった一人。毎日精神的に追い込まれるような状況に立たされるケースも少なくありません。つまり、逮捕された被疑者は、弁護士をつけない場合はほとんどのケースで孤独な戦いを強いられます。

緊張状態のなか連日の追及につい『自分がやったかも』と口にしてしまったり、やってもいない余罪の存在を匂わせると罪もどんどん重くなる可能性が高くなってしまいます。そんな状況のなかで唯一、被疑者の味方になれるのが弁護士なのです。

  1. ▶︎刑事事件に強い弁護士の選び方
  2. ▶︎刑事事件に強い弁護士はどう選ぶ?
  3. ▶︎刑事事件を解決を弁護士に無料相談する4つの方法

痴漢・わいせつで逮捕されたら– category –

痴漢・わいせつで逮捕されたら痴漢・わいせつに強い弁護士痴漢を示談で解決
痴漢した、わいせつ行為をしてしまった場合の対処法を徹底解説しています。

【無料相談】刑事事件の早急な解決はネクスパート法律事務所へ

ネクスパート01

ネクスパートサイド相談

刑事事件では、起訴されると99.9%の確率で有罪になります。逮捕後72時間で自由に面会しておきたい。起訴までの23日間以内に迅速な対応をしたい。不起訴の可能性を少しでも上げたい。逮捕されても早い対応ができれば、不当な扱い、重すぎる判決、前科を回避できる可能性が高まります。

即日対応初回相談無料

24時間対応365日相談可

事務所名弁護士法人ネクスパート法律事務所
代表弁護士佐藤 塁 (東京弁護士会)
寺垣 俊介(第二東京弁護士会)
【無料相談】ネクスパート法律事務所