MENU

刑事事件において弁護士は被疑者の唯一の味方

逮捕され、拘留されると、警察や検察からの厳しい追及がなされます。このとき取調室には被疑者がたった一人。毎日精神的に追い込まれるような状況に立たされるケースも少なくありません。つまり、逮捕された被疑者は、弁護士をつけない場合はほとんどのケースで孤独な戦いを強いられます。

緊張状態のなか連日の追及につい『自分がやったかも』と口にしてしまったり、やってもいない余罪の存在を匂わせると罪もどんどん重くなる可能性が高くなってしまいます。そんな状況のなかで唯一、被疑者の味方になれるのが弁護士なのです。

  1. ▶︎刑事事件に強い弁護士の選び方
  2. ▶︎刑事事件に強い弁護士はどう選ぶ?
  3. ▶︎刑事事件を解決を弁護士に無料相談する4つの方法

刑事事件弁護士ガイド編集部 - Author -

刑事事件弁護士ガイド編集部のアバター 刑事事件弁護士ガイド編集部

「刑事事件弁護士ガイド」は刑事事件の法律トラブル、痴漢・わいせつ行為や盗撮で逮捕された場合の法律の知識を分かりやすく解説するとともに、頼りになる弁護士を紹介するメディアです。現在あなたが、何かのトラブルに巻き込まれている、刑事事件で捕まりそうだと悩まれている場合、「刑事事件弁護士ガイド」で法律知識を付け、納得のいく解決に向けた行動ができるお手伝いができれば幸いです。

1234...5
【無料相談】ネクスパート法律事務所