刑事事件に強い弁護士へ無料相談できる窓口一覧|相談方法/相談時のポイントも解説

刑事事件 弁護士 イメージ 刑事事件を弁護士に相談

もしあなた自身や身近な方が、逮捕されたり警察からの捜査を受けている刑事事件に関わってしまった場合、弁護士の力が必要になってきます。

しかし、普段から弁護士と接点がある方も少ないでしょうから、弁護士探しから始まります。

その刑事事件で弁護士と接点を持つ方法として無料相談があります。以前は日弁連や弁護士会の報酬規定から、最低でも5,000円の相談料がかかっていたのですが、現在は廃止され無料相談ができる弁護士事務所も増えてきています。

今回は、刑事事件で弁護士に無料相談をする方法や相談する時にやっておきたいことや気を付けておきたいこと、いずれ弁護士に依頼するとなった場合には知っておきたいことなどをお伝えしていきたいと思います。

 

ネクスパート01
NP電話
電話ではちょっと...という方はこちら

刑事事件を弁護士に無料相談できる窓口5つ

では初めに、どうやって無料相談できる弁護士を探していけば良いのかをお伝えしていきたいと思います。

相談といっても、こちらをご覧の方に状況よっては簡単な相談から深刻な相談まで様々だと思います。ご自身の状況にあった相談先から探してみてください。

弁護士PHONE|東京弁護士会の15分無料相談窓口

弁護士PHONE

東京限定で無料電話相談ができる『東京PHONE』。15分程度の相談を無料ですることができます。

正直申し上げると、15分という時間は少し短めなので、やはりこちらでも簡単な相談の方が良いかと思います。
参考:「弁護士PHONE|東京弁護士会

当番弁護士制度|無料で接見・すでに逮捕されている場合に

すでに逮捕されているという場合は、当番弁護士制度を使って1度だけ無料で被疑者の所に弁護士が面会に行ってくれます(これを接見と言います)。

被疑者も逮捕されて1人で刑事施設で過ごして不安でしょうから、弁護士と直接話すことが大きな安心になることでしょう。

接見では、今後の刑事手続きの流れの説明やアドバイスをしてくれますし、その弁護士に任せたいとおもったら依頼をすること可能です(依頼すれば費用はかかります)。

当番弁護士連絡先一覧」から連絡することができますので、被疑者が逮捕されて身柄拘束されているという場合は当番弁護士も検討してみましょう。

弁護士会の法律相談センター|簡単な相談事でもOK

弁護士会では無料で相談を受けてくれる窓口もいくつか用意しています。

ただ、基本的に平日と土曜の日中しか受け付けていないことと、予約が必要でスピード感に劣るので、緊急の方は直接弁護士事務所に相談した方が良いでしょう。

「逮捕されるかも」といった簡単な相談事という場合に利用してみても良いでしょう。

また、相談窓口によっては30分5,000円などの有料のところもありますので、事前に確認をお願いします。

 

法律相談センター

 

各所に相談センターがありますが、受け付けている事件内容に限定があったり、相談料金がかかる場合があります。

参考:「刑事事件|弁護士会の法律相談センター

弁護士ドットコムのQ&A|ちょっとした悩みや心配事の相談

弁護士ドットコム

「この行為は犯罪になるのでしょうか?」といった、まだ刑事事件にまで発展していない心配事は弁護士ドットコムのQ&Aから相談することもできます。

相談の投稿には無料の会員登録が必要ですが、匿名相談ができるので気兼ねなく相談もできるでしょう。弁護士からの回答に数日かかることがあります。

参考:「相談の投稿|弁護士ドットコム

刑事事件弁護士ナビ

刑事事件弁護士ナビ

刑事事件弁護士ナビは刑事事件に注力している弁護士を多く掲載しているポータルサイトです。

ユーザーの方は刑事事件弁護士ナビを訪れることで刑事事件に注力している弁護士を簡単に探すことができます。

刑事事件弁護士ナビには、2019年9月現在、全国で100事務所ほどの弁護士事務所が掲載されているようです。

東京・大阪が多く(10~30事務所)、次いで全国の主要都市や関東地方の弁護士事務所も多め(10事務所前後)に掲載されています。

刑事事件弁護士ナビとは?運営会社や刑事事件弁護士ナビでできること

 

刑事事件に強い弁護士を選ぶ3つの基準

弁護士相談 検索

すでに逮捕されている・警察から捜査されているなど、刑事事件に発展している方は依頼も前提に直接各弁護士事務所に直接相談することをおすすめします。

こうやって「刑事事件 弁護士 無料相談」や「罪名 弁護士 相談」などで検索すれば、刑事事件が得意な弁護士事務所が出てきますので、その中から無料相談ができる所を探しましょう。

インターネットで弁護士を探せばたくさんの弁護士事務所が出てくるので、簡単に比較しやすいのですが、かえって選ぶことにも苦労してしまいますよね…。

インターネットで刑事事件の弁護士を探す時は、以下のポイントを意識して探してみてください。

刑事事件が得意な弁護士であること

まず、犯罪を起こしてしまった・逮捕されたなどの刑事事件に関わっているのであれば、刑事事件が得意な弁護士に絞りましょう。

弁護士が活躍する場は、刑事事件以外にも離婚問題や残業代請求など幅広くあります。それぞれの弁護士に得意・不得意があるのです。

「刑事事件 弁護士 無料相談」や「罪名 弁護士 相談」などで検索すれば、大抵は刑事事件に力を入れている弁護士が検索結果に出てきますので、ホームページで実績などを確認しましょう。

スピード感がある弁護士であること

刑事事件では素早い対応が重要です。

逮捕後は決められた期間で刑事手続きが進められていきますし、まだ逮捕されていないという場合も逮捕前に手を打った方が社会的影響も少なく済みます。

弁護士に相談しようにも、日程が合わずなかなか直接弁護士に話を聞いてもらえないような場合は他の弁護士に移った方が賢明かもしれません。

近隣の弁護士事務所であること

今はまだ相談だけしか考えていないかもしれませんが、いずれ弁護士に依頼した方が良いと考えることにもなるかもしれません。

そうなった時に遠方の弁護士に相談していたら、また弁護士の探し直しをすることになります。

依頼するかもということも頭のどこかに置いて、上記の刑事事件の実績やスピード感がある弁護士の中から極力近隣の弁護士から相談していくようにしましょう。

 

刑事事件を弁護士に相談する際の方法別メリット・デメリット

刑事事件での弁護士の相談先は上記のように色々ありますし、さらには相談方法もいくつかの種類があります。

こちらでは弁護士への相談方法とそれぞれのメリット・デメリット、どのような状況でどういう相談方法が良いのかなどをお伝えします。

電話相談|緊急時にはおすすめ

すでに刑事事件に発展しているなどの緊急性が高い場合は電話相談がおすすめです。

相談する日時を改めて設ける弁護士事務所もありますが、基本的には弁護士からのレスポンスも早くて複数の弁護士事務所にも相談しやすいです。

一方で、30分や1時間などの時間限定で無料にしている弁護士事務所も多いですので、限られた時間内できちんと要点をまとめて伝えて、相談内容はきちんとメモしておく必要があります。

面談|依頼まで検討しているなら面談も検討

相談だけでも面談を無料でやってくれるという弁護士事務所は少ないのですが、依頼前の面談であれば無料になる場合もあります。

やはり直接弁護士とあった方が、弁護士の人柄もよく分かりますし、依頼する最終的な判断も付くでしょう。

依頼(契約)もその場でできるので、スピード感を持って弁護士依頼まで進めることができます。

メール相談|刑事事件ではおすすめできない

メールで弁護士に無料相談できるところもありますが、スピードが大事になってくる刑事事件ではあまりおすすめできません。

弁護士からの返答に数日間かかる場合もあり、その間にどんどん刑事手続きが進められていくからです。

まだ刑事事件になっていない簡単な相談なら良いかもしれませんが、逮捕されているという方は電話か面談での相談を優先させましょう。

接見|逮捕後の被疑者との面会

当番弁護士の項目で触れた接見は、身柄拘束されている被疑者の所へ弁護士が面会しに行くことです。

普通の弁護士事務所が無料で接見までしてくれることはほとんどないのですが、当番弁護士なら初回無料で接見してもらえます。

また、弁護士に依頼すれば接見費用が着手金に含まれている弁護士事務所も多いです。接見費用の相場は1回あたり1万~5万円程度です。

 

刑事事件で弁護士に相談する3つのメリット

冒頭でもお伝えしましたが、弁護士への相談は以前の報酬規程から、1時間あたり5,000円~1万円程度が相場になっています。

では無料相談と有料相談に何か違いがあるのかと言えば、違いはありません。無料相談をしている弁護士事務所は無料によって相談者の窓口を広げているだけです。

こちらでは無料相談で弁護士がしてくれることをご説明します。あくまでも相談ですから、事件解決させるまでの力はありませんが、十分きっかけにはなります。

刑事手続きの流れの説明や簡単なアドバイス

突然逮捕されてしまうと、今後どうなっていつまで身柄拘束され続けるのか不安でしょうがないと思います。

事件の詳細まで相談することによって今後おおよそどうなっていくのかの説明をしてくれます。今後どうなるかが分かってくるだけでも不安はある程度払拭されます。

また、そのようになっていく刑事手続きの中でどうすることが最適なのかというアドバイスも貰えます。

依頼前の料金や契約内容の説明

依頼することも前向きに検討している方は、その弁護士の具体的な料金体系や契約内容を相談することもできます。

後でもご説明しますが、弁護士費用を決める要素はいくつかありますし、料金体系も弁護士事務所によって全然違います。

依頼前にはしっかり確認しておき、必要以上の費用をかけてしまうことが無いようにしておきましょう。

 

弁護士に相談する時に準備しておきたいもの

弁護士相談 メモ

こちらの項目では弁護士に相談する前にぜひ用意しておきたいものをご紹介します。

用意といっても、端的に言えば相談内容をまとめておくことですから、準備に費用や時間がかかるものではありません。

状況を整理しておく

突然の逮捕で混乱されている方も多いでしょうが、弁護士に相談する前にはいったん冷静になり、状況を整理しておくようにしましょう。

状況の整理は、

  • だれが(逮捕された人や相談する人)
  • いつ(逮捕された日など)
  • どこで(被疑者の居場所や事件場所)
  • なにを(盗撮の状況や被害者)
  • なぜ(盗撮の理由や現在の心境・反省具合など)
  • どのように(事件の内容や現在の状況)

の5W1Hでまとめておくと抜け漏れも少ないです。

弁護士に状況を的確に伝えることができれば、より適切なアドバイスが返ってくることにも繋がります。

何をして欲しくて依頼するのかどうかを明確にしておく

いくら弁護士でも相談だけでは刑事事件を解決させることは難しいので、弁護士にどこまでやって欲しいのかもできるだけ明確にしておきましょう。

弁護士に依頼するとなれば、いくらくらいまでなら費用を出せそうなのか?最低限これだけはやって欲しいことはあるのか?なども明確にしておくと弁護士も応じやすいでしょう。

 

刑事事件を任せられる弁護士かどうかを判断するポイント

主に依頼する弁護士を探すために無料相談を利用しようとしている方へのアドバイスになりますが、相談の時点で任せられる弁護士なのかを判断するポイントをお伝えしたいと思います。

弁護士との相性を考える

様々な弁護士がいますが、実際に依頼するとなれば大事になってくることが依頼者や被疑者との相性です。

弁護士も人間ですから、合う合わないということもあります。

淡々と事実のみを言ってくれる弁護士と、親身になって相談に乗ってくれる弁護士のどちらを頼もしいと感じるかは相談者次第でしょう。

弁護士の人となりを知るために、相談前にホームページで経歴や弁護活動に対する思いを見てみたり、面談に行って直接弁護士に会ってみることも大事です。

悪いこともしっかり言ってくれる弁護士

ただ、あまりにも何でも「大丈夫です!できます!」と言い過ぎる弁護士には注意が必要というか、慎重になった方が良いでしょう。

なぜ・どうやってできるのかを詳しく聞いたり、弁護士がそれをやってくれることで追加で費用がかからないかなどを確認しておきましょう。

【関連記事】

 

刑事事件の弁護士費用相場

弁護士への無料相談だけで十分だという方もいれば、依頼も前向きに考えたいという方もいることでしょう。

刑事事件で弁護士に依頼した場合の費用相場は、60万円~100万円となっています。

高いと感じるかもしれませんが、今回の刑事事件での対応が今後の人生を大きく左右するとも考えれば、決して高すぎる金額でも無いでしょう。

弁護士費用の内訳は以下のようになっています。

内容 費用相場
相談料金 1時間5,000円~10,000円
(初回相談料金無料の弁護士事務所もあり)
接見費用 1回1万円~5万円
着手金 30万円前後
成功報酬 30万円前後

細かい料金設定は弁護士事務所や事件の内容によって違ってきますので、詳しくは各弁護士事務所に相談してみることが一番です。

【関連記事】刑事事件における弁護士費用の相場

 

まとめ

近年では弁護士も無料で相談してくれるところも増えてきました。

刑事事件ではスピード対応が大事になってきますので、無料相談を上手に使いながら、依頼する弁護士の目星を付けたり、依頼時の費用の確認などをしていきましょう。

また、簡単なアドバイスや1回だけの無料接見なら無料相談や当番弁護士でも十分ですので、積極的に利用していってください。

刑事事件の早急な解決は弁護士法人ネクスパート法律事務所へ


刑事事件では、起訴されると99.9%の確率で有罪になります。逮捕後72時間で自由に面会しておきたい。起訴までの23日間以内に迅速な対応をしたい。不起訴の可能性を少しでも上げたい。逮捕されても早い対応ができれば、不当な扱い、重すぎる判決、前科を回避できる可能性が高まります。