刑事事件が得意な弁護士事務所|ネクスパート法律事務所

刑事事件に強い弁護士を選ぶ3つのポイント

刑事事件が得意な弁護士であること

刑事事件を得意とする弁護士に依頼することが大事です。ひとことで弁護士と言えど、離婚、相続、労働問題など様々です。そのため「この弁護士が良い」と紹介されても、刑事事件に実績のない弁護士であれば考え直しましょう。

被疑者との相性が良い弁護士であること

弁護士も人ですから、被疑者と弁護士の相性も大事です。ネットや人づてでは判断しづらいので、「この弁護士に依頼する」と決める前に、直接話してから判断されるのが良いでしょう。

スピード感のある弁護士

刑事事件における弁護活動はスピードが第一です。良い弁護士と言えど、予定が調整できないようでしたら、すぐに別の弁護士に切り替えることも要検討です。スピード感の有無も良い弁護士の選び方のポイントです。

【24時間電話相談可能】刑事事件に強い弁護士を探す

刑事事件を弁護士に相談

刑事事件における弁護士のメリットとデメリット|刑事弁護の役割とは

刑事事件ではスピードが重要です。刑事事件に関わってしまったのであれば、すぐさま弁護士に相談するようにしましょう。本記事では、すぐさま弁護士に相談すべき人と、弁護士に相談した場合のメリットをお伝えします。 今回の事件を少し…

流れ イメージ痴漢・わいせつで逮捕されたら

痴漢で逮捕された後の流れ|逮捕後できる対処法や痴漢の刑罰は?

身近な方が痴漢で逮捕されてしまったら今後どのような流れで手続きが進められていき、いつまで身柄を拘束されてしまうのかが気になるところですね。 事件の内容や被疑者の状態によって多少の違いこそはありますが、逮捕後の刑事手続きに…

刑事事件弁護士ガイド刑事事件を弁護士に相談

国選弁護人とは|費用やデメリット・私選弁護人とどっちがよいかを徹底解説

国選弁護人(こくせんべんごにん)とは、逮捕・勾留された被疑者に私選弁護人がついていない場合に、国が弁護士費用を負担して、国が選任してくれる弁護士のことです。 日本国憲法第37条には、刑事事件の被告人には公平な裁判を受ける…

示談 弁護士 イメージ痴漢・わいせつに強い弁護士

痴漢の示談を弁護士に依頼する必要性・メリットと痴漢事件が得意な弁護士の選び方

痴漢をしてしまい逮捕や捜査されている時に効果的な解決方法として示談交渉がありますね。さらに言えば、示談を弁護士にお願いすることで成功の可能性も高くなると言えるでしょう。 今回は、そんな痴漢での示談で弁護士にお願いする理由…

示談金 イメージ痴漢を示談で解決

痴漢の示談金は30万円が相場|示談金額が決まるポイントと支払い方法も解説

痴漢をしてしまった場合、被害者との示談によって謝罪することで事件を迅速に解決させていくこともできます。 痴漢事件での示談金相場は30万円前後となっています。ただ、示談は当事者同士の話し合いによって決まっていくので、明確に…

接見 弁護士 アイキャッチ刑事事件を弁護士に相談

接見を弁護士に依頼する9つのメリット|弁護士費用やデメリットまで徹底解説

接見(せっけん)とは逮捕されて身柄拘束をされている人に面会しに行くことです。一般の方の接見にはいくつかの制限がありますし、逮捕後すぐに接見することすら許されません。 しかし、弁護士であれば制限を受けずに接見をすることが可…

刑事事件 弁護士 イメージ刑事事件を弁護士に相談

刑事事件に強い弁護士へ無料相談できる窓口一覧|相談方法/相談時のポイントも解説

もしあなた自身や身近な方が、逮捕されたり警察からの捜査を受けている刑事事件に関わってしまった場合、弁護士の力が必要になってきます。 しかし、普段から弁護士と接点がある方も少ないでしょうから、弁護士探しから始まります。 そ…

盗撮事件に強い弁護士

盗撮事件は弁護士に無料相談!弁護士の探し方や無料相談でできること

あなた自身や身近な方が盗撮をしてしまって、逮捕もしくは捜査されているのであれば、少しでも早く弁護士に相談することをおすすめします。現在は無料で相談を受けてくれる弁護士も増えてきていますので、まずは弁護士先生から直接アドバ…

示談 イメージ盗撮で逮捕されたら

盗撮の示談金相場は?示談金が決まるポイントと下げるためにできること

盗撮事件を起こしてしまった場合、被害者に示談金を支払うことで刑事手続きをなるべく早くに不起訴や早期釈放などの望んだ結果で終わらせられる可能性が高くなります。 盗撮事件での示談金相場は30万円前後と言われています。しかし、…

逮捕のイメージ痴漢・わいせつで逮捕されたら

痴漢冤罪での弁護士の役割!依頼した場合の弁護士費用と探し方

痴漢冤罪とは、実際に痴漢をしていないのに逮捕や容疑を疑われて捜査されてしまうことです。 実際にやってもいない痴漢を疑われてしまった場合は、決して認めず徹底的に無実を主張すべきですが、自分ひとりだけで無実を主張してもなかな…

刑事事件における弁護士は3種類

刑事事件で逮捕された場合、被疑者は『私選弁護人』『当番弁護士』『国選弁護人』の 3種類の弁護士を選ぶことになります。

私選弁護人

依頼者自身が呼べる弁護士。示談交渉・接見・不起訴など、被疑者のを望む判断が下されるまで弁護活動を行う。
  1. メリット:依頼者の希望に添ってくれる
  2. デメリット:弁護士費用が発生

当番弁護士

逮捕後に1度だけ無料で呼ぶことが可能。
  1. メリット:逮捕後に無料ですぐ呼べる
  2. デメリット:1度の接見しか出来ずアドバイス程度

国選弁護人

済的的余裕が無い方へ、国が弁護士費用を負担して弁護士を呼べる。
  1. メリット:弁護士費用がかからない
  2. デメリット:経済的余裕がなく、弁護士を選べない

刑事事件において弁護士は被疑者の唯一の味方

逮捕され、拘留されると、警察や検察からの厳しい追及がなされます。このとき取調室には被疑者がたった一人。毎日精神的に追い込まれるような状況に立たされるケースも少なくありません。つまり、逮捕された被疑者は、弁護士をつけない場合はほとんどのケースで孤独な戦いを強いられます。

緊張状態のなか連日の追及につい『自分がやったかも』と口にしてしまったり、やってもいない余罪の存在を匂わせると罪もどんどん重くなる可能性が高くなってしまいます。そんな状況のなかで唯一、被疑者の味方になれるのが弁護士なのです。

  1. 刑事事件に強い弁護士の選び方
  2. 刑事事件に強い弁護士はどう選ぶ?
  3. 刑事事件を解決を弁護士に無料相談する4つの方法